2013年03月07日

面白かった映画について

3月になって春めいてきたきょうこの頃、みなさま、いかがですか?
ボクは暇があると音楽を聴きながら読書、家でDVD観賞やテレビ視聴(録画含む)、そして劇場での映画観賞などで時間を過ごしてます。

最近、シネコンで観る映画がどれも面白かったりします。邦画も洋画も充実してますよね。

1月に見た「ホビット」は、ピーター・ジャクソン監督の新作で「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚ですが、またまた3部作になるそうで次作も楽しみです。

2月15日、ロシアに隕石が落ちたというニュースを聞いて観に行ったのが「エヴァンゲリヲン新劇場版Q」。
冒頭、天地真理の「ひとりじゃないの」が聴こえてきて物語がどんなふうに展開するんだろうと思ったら・・最後まで、悪夢を見ているような映画でしたが、そんな「エヴァンゲリヲン」を初めて面白いと思いました。リリスとかヴィレとか、謎の言葉が語られるのですが、そんなことはどうでもよくて、次々襲ってくる敵と少年・少女たちがかっこよくデザインされた兵器で戦うところに、このアニメの面白さがあるのだなと感じました。

(なぜか左端は文章と関係ないタルコフスキーの「ノスタルジア」)

そして、先週観賞したのが、タランティーノ監督の話題の新作「ジャンゴ、繁がれざる者」です。
「イングロリアス・バスターズ」で、ナチスの将校を演じたクリストフ・ヴァルツの演技を楽しみに行ったのですが、、、主人公のジェイミー・フォックス、農園主のレオナルド・ディカプリオ、そしてその農園の執事・サミュエル・L・ジャクソン、主要4人が揃って商談するシーンの迫力はマジ凄かった。ディカプリオ、S・L・ジャクソンの悪役ぶりには、恐れ入りました。ドクロを手に「骨相学」を語るシーンは、とても恐かったですよ~。
この映画の評判はどうなんだろうと、ちょっと調べてみたら、やはりアメリカでは賛否両論あるようです。タランティーノ作品なので、誰もが納得し賞賛する作品になるわけありませんが。
銃撃で血が飛び散り、次々と人がたくさん死ぬ・・「アメリカに慣れてきた」というセリフがありましたが、こういうのは好きじゃないという人は見ないほうがいいかもしれません・・。

というわけで、今回は映画の話でした。

楽しい春をみなさんが過ごされますように、そして被災地がはやく復興しますように。
posted by トール at 01:17| Comment(32) | 映画・DVD | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

最近、読んでる本と観た映画の話

こんにちは。
なんか、とっても、久しぶりなようですが、更新します。
前回(去年)から何か大きな変化があった、とかいうことはなくて、なんとなく更新しなかっただけです。
なんとなくです、なんとなく、、、

ところで「アベノミクス」で日本はデフレ不況から脱却できると思いますか?
ボクは脱却できるような気がしますが、効果のある薬にも副作用とかはあるかもなあ~などと素人ながら考えたりしてます。で、「アベノミクス」が何をやろうとしているのか、これを読めばわかるかもしれないと思って購入したのが、浜田宏一「アメリカは日本経済の復活を知っている」という本です。
まだ読んでる途中ですが、なかなか面白いです。日銀の悪口がたくさん書いてあります。

そして、そんな本を読みながら、最近は映画館にもよく行きます。
数日前、渋谷で観たのが「二郎は鮨の夢を見る」というアメリカ人監督が撮った寿司職人のドキュメンタリーでした。チャイコフスキーのバイオリン協奏曲やフィリップ・グラスの曲を、お寿司の映画で聴けることになるとは思わなかったですが、でもこれが面白くて楽しめました。


そして、きょうは、映画館をはしごしました。
タイトルに「No flower without rain」という英文の付いたドキュメンタリーと劇中で「the rain will make the flowers grow」という歌が登場するミュージカルの2本を観ました。
rainとflower、、たまたまなんでしょうか?検索していただければ、どの映画の話かわかると思いますが、2本とも面白かったですよ。
人間は大きなことや重大なことがあるときは必ず「歌い」「踊る」ものなんだなあとふたつの映画をみて感じました。なぜなのか、理由は、わからないんですけどね。

そんなわけで、今回はこれで終わりです。

次の更新がいつになるかわかりませんが、もしよければまた読みにいらして下さい。

楽しい毎日をお過ごしください。
posted by トール at 04:18| Comment(12) | 映画・DVD | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

2011年も終わりますね

寒くなりましたね、お久しぶりです。
2011年、振り返ると大変な1年でしたが、みなさまはお元気でしょうか。

経済関連のニュースを読むと、来年も厳しい一年になると予想されてます。
今はユーロ圏の債務危機が懸念材料になってますが欧州の次に市場の関心がむかうのは日本の財政や少子高齢化問題だ、という人もいます。そんな状況を受けて野田政権はいよいよ消費税増税の議論を本格的に開始しました。「税と社会保障の一体改革」や「TPP参加問題」、そして米国の「失業率」や新興国の「インフレ」、中国の成長への不安・・・世界経済が安定して続いた時代は、もうすっかり過去のことになってしまったのかもしれません。
今後は経済的に不安定な年がしばらく続くかも、そうなると政治も機能せずに混乱したり・・もちろんそうはならないことを祈ってますが、さて、どうなるでしょう?
(上の文カタッ)
な~んてことを考えながら外を歩いてると12月の寒さがいっそう身にしみてきたりしたので、気分を変えようと「ジョージ・ハリスン‐リヴィング・イン・ア・マテリアルワールド」や「マネーボール」、アニメ「けいおん」などの映画を観賞しました。

(「けいおん」のパンフレット)

(ジョージ・ハリスン「リヴィング・イン・ア・マテリアルワールド」と「マネーボール」)

映画をシネコンに見に行ったら来年1月に公開されるアメリカ映画「フライトナイト」の予告編を目にしました。
昔から吸血鬼映画はたくさん製作されててボクもちょくちょく見てますが、この「フライトナイト」も記憶してます。前半は学園ホラーコメディのようにストーリーが進行してゆくのですが、だんだん主人公(高校生)とその隣に引っ越してきた2人のイケメン(ヴァンパイア)の戦いが激しくなっていきます。

リメイクされた新作は3Dで壮絶な戦いが展開されるようなので激しい戦闘シーンは苦手、という人にはお薦めしませんが・・ボクは早く観たい1本です。
(あるコラムニストが現在の問題を「ゾンビ」型と「吸血鬼」型に分類してみせた文章を新聞で読みましたが、ホラー映画というのはメタファーとして優れたところがありますよね・・・っていうのは余計ですね)

ここ数日はyoutubeでこんな歌を聴いてから眠ります。女性アイドルが好きなら楽しめるかもしれませんよ。
http://youtu.be/EOUi6tndJT0 (プリーズミニスカポストウーマン)

それでは、今回はこれで失礼します。
皆様、楽しい年末をお過ごし下さいませ。
posted by トール at 16:36| Comment(38) | 映画・DVD | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。