2010年12月10日

本を4冊買いました

本(漫画を含む)は書店で<面白そうだな>と思うとつい買ってしまいます。
なので部屋には読み終わってない書籍が山積みになってます。でも4冊もまとめて買ったのは久しぶりです。
さっそく読み始めたのがこれ。

著者は外務省事務次官だった藪中三十二さん。半分くらい読みましたが、わかりやすく誰でも理解できるように書いてあります。日本の外交に興味のある人は読んでみるといいと思います。アジアやその他の国際情勢も日々変化してるので。

まだ読み始めていないのは下の3冊。


左上・村山斉「宇宙は何でできているのか‐‐素粒子物理学で解く宇宙の謎」
右上・金森修「ゴーレムの生命論」
下・竹中平蔵「経済古典は役に立つ」
どれも本屋で目についたので購入しました。「国家の命運」のようにすらすら読めるといいのですが、どうでしょう。テレビニュースで新しい「電子書籍端末」が発売になったと報じてましたが1台の端末で何百冊も持ち歩けるようになることには期待してしまいます。

きょうの東京はとても天気がいいです。

部屋のベランダから撮影しました。

そしてスーパーで買った「こわれせんべい」食べながら、掃除や洗濯をしてます。


きょうの天気のように、みなさんが気持ちよく過ごせますように。
posted by トール at 12:14| Comment(25) | 気分 | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

カレーを作りました

昼食にカレーを食べることが多いです。
「なんでだろう」と考えてたら自分で作って食べたくなり、晩御飯はカレーに決めました。
夕方、材料を買いに行くついでに、ちょっと池袋まで足を運んでみたのですが、池袋駅東口を出るとこんなディスプレーを目にしました。
 
上は近寄って撮影したのですが、なんでしょう?
正解はコレです。

ルイ・ヴィトンのカバンをたくさん重ねたディスプレーでした。

さてスーパーで材料を買って帰って家でさっそく調理してみました。まずは材料です。

にんじん、じゃがいも。

舞茸を入れて「キノコカレー」にしてみます。
そしてスパイスと香りづけには


以上をいれます。ボクは辛口が好みです。
では、お鍋に火をつけて料理開始です。完成までの写真を順番に並べてみると
次は
出来上がったカレーの盛り付けは


ところで家にカレーを食べるためのスプーン大がありませんでした。仕方ないので小さなスプーンで食べることになりました。ちなみに料理をしながら飲んでたお酒はこれです。

というわけでした、おいしかったですよ~。お鍋にまだ残りがあるので、明日も食べます。
作った翌日のカレーは味がちょっと変わっていて、これも楽しみなんですよね。

みなさんも、おいしいカレーを食べられますように
posted by トール at 23:07| Comment(22) | 気分 | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

今夜の三日月と、ゾンビについて・・

こんばんは。
きょうは近所のコンビニでアルバイトしているミュージシャンの人と話をしました。このブログのURLを知らせたので、読んでくれてるかもしれませんね、こんにちは。

上は夕方6時頃にベランダから撮影した月です。

ところで、きょうはぼくのブログによくコメントを書いてくれる「L」くん(中学生)から薦められて読み始めたライトノベルを紹介します。最近、読んだ小説の中では一番面白いからです。
昨日、仕事の帰りに本屋さんに寄って購入したのですが、疲れた様子だったレジのおねえさんも、この本を出したら急に顔が笑いになりました・・本のタイトルかイラストが面白かったのでしょうね。
それがこれです。

木村心一著「これはゾンビですか?」シリーズ1巻「はい、魔装少女です」。

内容はゾンビで主人公の「歩」と美少女たちが突然あらわれる敵‐‐ザリガニやクマや悪魔男爵‐‐と戦うのですが、映画や格闘技、そしてゲームやアニメを小説というビーカーに入れてグルグルかき混ぜたような物語です。来年にはアニメ化もされるそうです。

そこでゾンビです。もちろんゾンビは本当にはいませんが(地獄に罪人のスペースがなくなると現れるかもしれないけど)、最近のゾンビブームはすごいですよね。下は関連する漫画やゲームやDVDをちょっと集めてみたのですが、たくさんありますね~

チェーンソーを振り回す怪人に追いかけられる映画「悪魔のいけにえ」(The Texas Chain Saw Massacre)と78年の「ゾンビ」(Dawn of the Dead)、それに萌え系美少女と特撮映画が合体したら、こんなホラーファンタジーになった、そんな小説です。
若い作家のクリエイティブ力は冴えてますよ。っていうか、笑えます、というのか・・。
そしてこういう面白い小説を中学生が知ってる・・未来は明るいと思いました(本当に)。

長くなったので今回はこのへんにします。
ちょっとだけ注目のゾンビ映画を紹介すると、タランティーノが役者として出演してる「フロム・ダスク・ティル・ドーン」、ダニー・ボイル監督作でゾンビの動きが敏捷な「28日後」、そしてもちろん大御所ジョージ・A・ロメロ作品でニューヨーク近代美術館も所蔵する「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」と上にも書いた「ドーン・オブ・ザ・デッド」・・このあたりは面白いですよ。

みなさんが面白い小説や映画にたくさん出会えますように・・
posted by トール at 01:18| Comment(16) | 気分 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。