2010年07月15日

夏ホラー、アニメになった「屍鬼」

朝の通勤電車の吊り広告で知りましたが、小野不由美さんの小説「屍鬼」を原作にした藤崎竜さんの漫画が、この夏、フジテレビ系でアニメになり放送されてるそうですね。アニメはみたいのですがDVDになってからまとめて観るほうがストーリーが頭の中に入るので、そうしようかなと思ってます。
 

原作小説も漫画も、どちらも昔、買いました(上)
小説の「屍鬼」が2巻なのは1巻がどこかにいってしまって見つからなかったからです。写真を撮ろうと探したら2巻が出てきました(笑)

ところで小野不由美さんのこの小説がスティーヴン・キング「呪われた町」へのオマージュである、ということはこの作品を好きな人たちの間では有名な話です。1巻の扉に書かれてましたから。
ボクが初めて、S・キングの「呪われた町(SALEM'S LOT)」に出会ったのは、レンタルビデオでした。
レンタルビデオ屋で「B級ホラーでも観ようかな」と思って貸りたのが、トビー・フーパー監督がテレビ向けに製作したこの「死霊伝説」でした。
(1979年作品)
キング作品にはよくある、観賞後に<今ひとつ感>が残るB級作だろうと思って見ました。実際、そんな風なTV映画ではあったのですが、アメリカの田舎町で起こるこの吸血鬼物語をボクは忘れられなくなってしまい、安いDVDを発見したときに思わず買ってしまいました。小説「屍鬼」が執筆される前のことです。

この作品にボクはけっこういろいろお金を費やしている、というこの事実。
寝苦しい夜、暗闇の奥からぼんやりと、やがてはっきりした輪郭をもって復活してくる1度死んだ人間の物語(吸血鬼)に、ここまで魅了されてしまうのは、なんでだろう~。
古典的な吸血鬼譚の臭いがするからなのかもしれません・・

ということで夏ホラーの話題、今回はこのへんで。

みなさんにとって、いい夏になりますように。
posted by トール at 11:38| Comment(16) | なんだろう? | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

クッキング「豆腐とキムチのお鍋」

先日、テレビの料理番組で見た「豆腐チゲ」を作ってみました。

「白菜キムチ」「豚バラ肉」「干しえび」「豆腐」「ネギ」これに「ミソ」「コチジャン」で味を整えます。

他人に食べさせるのではなく自分ひとりで食べるので、見ばえはどうでもよく、味もおいしくなければ後で調味料で調整すればいい、そんなつもりでとにかく作ってみました。

さあ、できた。どうかな?・・・「うまい!」1発でおいしい「豆腐チゲ」が完成しました。

味付けのポイントは「白菜キムチ」と「豚バラ肉」を「干しエビ」の出汁で煮るところ。この段階で味がよく染み出てます。という料理なので誰がつくっても簡単においしいチゲが出来上がるのではないかと思います。普段あまり料理しない人にもおすすめです。
(これをお椀によそると)(こうなります。モニターの前です)
posted by トール at 02:21| Comment(1) | なんだろう? | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

23時代はテレビ東京を観てます

さっきWBSを観ていたら日本は他国と比較してむしろ<輸出依存度は低い>ということを数値で示していました。

これからも日本経済を成長させてゆくためには「やはり物づくりだ」という人もおられるようですが、それは間違いで「サービス産業の生産性を上げなくてはならない」という意見があります。
内需を拡大させる、それはいいとしても、今までとは違うものを「輸出」するようにすべき、というのが正しいようです。「日本はもっと輸出依存度を高めるべき」、WBSでは、こんなことを言う人を紹介してました。
「輸出依存のせいで金融危機の影響が大きかった」新聞やテレビの報道番組でよく聞く解説ですが、残念ながら正確な認識ではないようです。

今、考えたことを残しておこう、そんな感じで今回は書いてみました。
では、次回があれば、また(写真はなしです)。
posted by トール at 00:07| Comment(0) | なんだろう? | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。