2013年05月05日

GWは、これを見ました

みなさん、こんにちは。
ゴールデンウィークは、いかがお過ごしですか?
ボクはのんびりと美術展やコンサート、それから劇場で映画を見たりしてます。

4月28日は、東京国立近代美術館で開催されている「フランシス・ベーコン」展に行ってきました。

もうずいぶん昔の話ですが、ベーコンの画集を初めて目にしたときは、とても衝撃を受けました。
それ以来、ベーコンの影響を受けただろうと思われる映画や漫画をあちこちで目にしますが、会場では「土方巽」のダンスフィルムも上映されてました。
暗黒舞踏の創始者である土方巽も、ベーコンの絵からインスピレーションを得て創作した踊りがあったようです。

上)東京国立近代美術館そばの「竹橋」から眺めた風景

そして午後3時からは中野サンプラザでアイドルグループのコンサートを観戦しました。
去年のゴールデンウイークも行きましたが、今年のお客さんも、すごいのりのりでした・・。

連休後半にはいってからは、新宿で映画を2本見ました。
最初に観たのは「スパイダーマン」シリーズで有名なサム・ライミ監督の長編デビュー作「死霊のはらわた」のリメイク作品。サム・ライミ版は「お化け屋敷」に迷い込んだような(?)映画でしたが、今作は残酷シーンが格段とパワーアップ。もちろん予想はしてましたが・・やっぱり「ひえ~」「うひゃ~」となりました(監督はフェデ・アルバレスという人です)。

そしてもう1本は「コズモポリス」。クローネンバーグ作品は昔からたくさん知ってるので、今回はそれほど期待してなかったのですが、思ってたよりはるかに面白く、見てよかったです。

映像はいかにもクローネンバーグですが、登場人物たちの会話やハラハラの展開は先が全く読めずに進行しました。主人公の周囲にある「為替チャート」「街頭デモ」「静かな夜の街」etc・・は先進国に暮らすボクたちの生活そのままで、それを背景によくこんなストーリーを考えたものだなと関心しました。
ドラマや演劇の脚本を書いてる人には、特にお薦めします!

というわけでした。
そして、今、売れてるこの小説も読んでます。


楽しい連休を過ごされますように・・
posted by トール at 03:54| Comment(10) | 映画・DVD | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。