2013年02月11日

最近、読んでる本と観た映画の話

こんにちは。
なんか、とっても、久しぶりなようですが、更新します。
前回(去年)から何か大きな変化があった、とかいうことはなくて、なんとなく更新しなかっただけです。
なんとなくです、なんとなく、、、

ところで「アベノミクス」で日本はデフレ不況から脱却できると思いますか?
ボクは脱却できるような気がしますが、効果のある薬にも副作用とかはあるかもなあ~などと素人ながら考えたりしてます。で、「アベノミクス」が何をやろうとしているのか、これを読めばわかるかもしれないと思って購入したのが、浜田宏一「アメリカは日本経済の復活を知っている」という本です。
まだ読んでる途中ですが、なかなか面白いです。日銀の悪口がたくさん書いてあります。

そして、そんな本を読みながら、最近は映画館にもよく行きます。
数日前、渋谷で観たのが「二郎は鮨の夢を見る」というアメリカ人監督が撮った寿司職人のドキュメンタリーでした。チャイコフスキーのバイオリン協奏曲やフィリップ・グラスの曲を、お寿司の映画で聴けることになるとは思わなかったですが、でもこれが面白くて楽しめました。


そして、きょうは、映画館をはしごしました。
タイトルに「No flower without rain」という英文の付いたドキュメンタリーと劇中で「the rain will make the flowers grow」という歌が登場するミュージカルの2本を観ました。
rainとflower、、たまたまなんでしょうか?検索していただければ、どの映画の話かわかると思いますが、2本とも面白かったですよ。
人間は大きなことや重大なことがあるときは必ず「歌い」「踊る」ものなんだなあとふたつの映画をみて感じました。なぜなのか、理由は、わからないんですけどね。

そんなわけで、今回はこれで終わりです。

次の更新がいつになるかわかりませんが、もしよければまた読みにいらして下さい。

楽しい毎日をお過ごしください。
posted by トール at 04:18| Comment(12) | 映画・DVD | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。